ビットフライヤーでビットコインを購入してそれを送金したいという場合の方法をこちらのページにまとめます。今回はバイナンスへ送金する場合について具体的に解説します。

 

バイナンスは海外の仮想通貨取引所では一押しです。非常に多くのアルトコインを扱っているのでこれから値上がりするものも潜んでいるはずですよ。

 

※国の法律によると日本国内の方向けに海外の仮想通貨取引所を紹介することはNGのようです。そのため、当サイトでは法律を守るために直接海外の仮想通貨取引所へのリンクは貼らないことにしました。

利用したい方は、お手数ですがGoogle検索でサイト名を検索してみてください。

サイトの紹介はしませんが、使い方だけは説明するという方針でやっていきます。やはり海外の仮想通貨取引所を使わないのはあまりにも機会損失が大きいと考えているので…。もしこれでも法律的にアウトというのであれば法律に詳しい方は教えていただければ嬉しいです。

 

ビットフライヤーからビットコインを送金する手順

以下の手順で進めていきます。

  1. 送金先のアドレスを確認(今回はバイナンスに送金するのでバイナンスのビットコインアドレスを確認)
  2. ビットフライヤーでビットコインを購入する(すでに持っている方はここは省略)
  3. ビットフライヤーからビットコインを送金する
  4. 送金先でビットコイン入金を確認する

この手順にそって詳しく説明をしていきます。

手順1 送金先のアドレスを確認

送金先アドレスをまずは確認する必要があります。今回はバイナンスへビットコインを送金する例を出して説明します。

バイナンスにログイン

まずはバイナンス公式サイトへアクセスしてログインします。

※登録してない方は登録を済ませましょう。

参考:バイナンスの本人確認認証審査が通らない?私が審査通過した時の記入方法を紹介

取引センター⇒預金&お引き出し

バイナンスのトップページ上部より「取引センター」⇒「預金&お引き出し」を選択します。

BTC行の「預金」

そうすると、一覧でたくさんのビットコインやアルトコインの資産状況が表示されます。こちらからBTC行の「預金」をクリックします。

アドレスをコピー

そうするとBTC預金アドレスが表示されます。こちらのアドレスにビットコインを送れば、バイナンスの自分のアカウントにビットコインを送ることができます。アドレスを間違いのないようにコピーしましょう。

注意:間違ったアドレスに送金してしまうとあなたの大切なビットコインを取り戻せなくなります。ですから絶対に間違いのないように確認をしてください。

手順2 ビットフライヤーでビットコインを購入する

送金先アドレスを確認したら、まだビットフライヤーでビットコインを持ってないのであればビットコインを購入します。

購入方法としては取引所と販売所がありますが、販売所で購入すると割高なので取引所での購入がおすすめです。

手順3 ビットフライヤーからビットコインを送金する

ビットコインを手に入れたら、後は手順1で確認をした「送金先のアドレス」にビットフライヤーからビットコインを送金するだけです。やり方は以下の通りです。

入出金

まずはビットフライヤーにログインをします。

左サイドバーの「入出金」をクリックします。

BTCご送付

そして、「BTCご送付」をクリックします。

外部ビットコインアドレスを選択

すでに送金したことがあるので私の場合にはバイナンスラベルをつけて管理しています。

そちらの部分をチェックすればいいのですが、まだの方はラベルに「わかりやすい名称」をつけて、ビットコインアドレスに「手順1で取得した送付先アドレス(今回の例ではバイナンスのBTC預金アドレス)」を記入し「追加する」をクリックします。

送金額を入力

続いて、送付数量を入力し、その日本円参考額をチェックしましょう。ちなみにですが、手数料は2017年12月26日時点で0.0015BTC取られます。この時点では1BTC=約172万でしたので、1回の送金に2580円です。結構痛いですね笑

優先度はすぐに送りたい時に有効ですが、無駄に手数料がかかるのであまりおすすめしないです。ちなみにこのときの送付先(バイナンス)へ届くまでに送ってから約30分くらいでした。よほど混み合ってない限りは、そしてお急ぎでない限りは特に優先度を設定する必要はないかと思います。

以上を終えたら、暗証番号を入力し、「ビットコインを外部アドレスに送付する」をクリックします。

二段階認証をかけていれば

ビットコインなどの送付に二段階認証をかけていれば、以下の表示が出てきます。登録メールアドレス宛に確認コードが送られるのでそちらを入力して、送金しましょう。

送金が完了したら

送金が完了したら以下のように表示されます。この段階ならもし送付先アドレスが間違っていても取り消し(キャンセル)が可能なことあります。ですから、最後にしっかりと送付先アドレスが間違ってないかを確認してください。

お取引レポートで確認可能

今回の取引内容は「お取引レポート」でも確認できます。こういった取引履歴は確定申告の際にも利用することになります。

税理士がいる方は税理士丸投げプランなようなもので契約していればそのまま提出してOKだと思います。

手順4 送金先でビットコイン入金を確認する

ある程度時間が経つと送付先で入金が確認できます。今回私はバイナンスへ送金したので、以下のようにメールが届きました。

Deposit Success
Hello,
Your Binance’s account has recharged 0.65 BTC.
If this activity is not your own operation, please contact us immediately.

簡単に日本語に直すと、「ハロー、無事0.65BTCはあなたのバイナンスアカウントに届きましたよ。もしこの操作があなたによるものでないなら、至急ご連絡ください。」ということです。

これで安心です。

 

ちなみにですが脱毛サロンにもビットコイン決済を導入したところもあります。ビットコイン決済対応のリアル店舗がどんどん増えてくれればビットコインの価値も上がっていくのでこういったサロンは応援したいものですね。

参考記事:ビットコイン決済可能な脱毛サロン!当時BTCを使った人は後悔してる?

 

最後に

※国の法律によると日本国内の方向けに海外の仮想通貨取引所を紹介することはNGのようです。そのため、当サイトでは法律を守るために直接海外の仮想通貨取引所へのリンクは貼らないことにしました。

利用したい方は、お手数ですがGoogle検索でサイト名を検索してみてください。

サイトの紹介はしませんが、使い方だけは説明するという方針でやっていきます。やはり海外の仮想通貨取引所を使わないのはあまりにも機会損失が大きいと考えているので…。もしこれでも法律的にアウトというのであれば法律に詳しい方は教えていただければ嬉しいです。