ビットフライヤーに新規アカウント開設して本人確認も完了!さて、儲けるためにビットコインでも買うか!ってなった時に事前にしっかりと調べておかないと大損します…。というのも、販売所で購入すると非常に割高でビットコインを買う羽目になります。

私も最初は販売所と取引所の違いがわかりませんでした。

だってアプリで開いたときには、最初から販売所が開かれてますし、取引所はビットコインだけしか扱ってなく貧相に見えたので、販売所で買っとけばいいんだと思っちゃいますよね笑

結論だけでも先に言っちゃいますが、ビットコインを買うなら、取引所で購入してください。

取引所と販売所の違いって?

そもそも取引所と販売所って何が違うのでしょうか?

違いを簡単にいうと

取引所はユーザー同士の取引のためにビットフライヤーが提供してくれている場です。欲しい人と売りたい人の需要と供給で成り立っています。ビットフライヤーは場を提供しているだけなので、無駄に手数料が取られません。

一方、販売所の取引相手はビットフライヤー自体になります。ビットフライヤーが提示した価格で購入し、ビットフライヤーが提示した金額で売らないといけません。

同一時刻の価格の違いを見ると

取引所の場合

取引所では売りたい人と買いたい人の需要と供給で価格が決まります。大体ですが、赤枠で囲んだところの価格帯で売買が成立します。

成立した売買履歴は左の取引履歴で見れますね。何時にどれくらいの価格でどれくらいのビットコインを買ったかがわかります。

大体ですが、

  • 購入価格は172万2000円前後
  • 売却価格は172万1000円前後

となっています。

販売所の場合

一方販売所はと言うと、ビットフライヤーが独自で勝手に価格を決めます。自分達の利益がしっかりと出るように価格は決められます。※これはどこの取引所でも同じです。利益を出したいものですからね。ビットフライヤーはまだ良心的な方ですよ。

これを見ると

  • 購入価格は184万7372円
  • 売却価格は158万9384円

となっています。

販売所と取引所比較

同一時刻の価格を比較しましょう。

販売所 取引所
購入価格 184万7372円 172万2000円
売却価格 158万9384円 172万1000円

例えば、1000万円用意していたとしたら、

  • 販売所は5.413BTCを入手可能
  • 取引所は5.807BTCも入手可能

というように同じ金額でも入手可能なビットコイン数に差が出ます。ビットコインは1BTCの価格が大きいのであまり差がないように思えますが、0.4BTCといえば、この時のレートから計算すると70万近くもの差になります。

逆に、5BTCを売却しようと思ったら

  • 販売所は794万6920円にしかならず
  • 取引所なら860万5000円になります。

約66万も得というわけです。

この事からも、どれだけ取引所が素晴らしいかがおわかりいただけるかと思います。

販売所って何もいいこと無いの?

これだけ見ると販売所って何もいいことがありません。でも、存在するからには何かメリットがあるはずですよね?実際のところ、個人で仮想通貨をちょこちょこ買うレベルだったら、全く販売所で購入するメリットはないです。

販売所のメリットは唯一1億円でビットコインを購入したいというような大量購入の場合に成立します。

先程も説明しましたが、取引所はユーザー間のやり取りです。そのため、1億円分ビットコインを欲しいと思っても、その価格で1億円分もビットコインをすぐに買えるとは限りません。

一方、販売所なら割高ですが、すぐに1億円分のビットコインを買うこともできます。

このように考えると、数百万とかレベルのビットコインの購入であればほぼメリットはないのですが、莫大な金額を取引するのであれば販売所も多少は約に立ちますよということです。

ビットフライヤーの取引所でのビットコイン購入方法

ビットコイン取引所

ビットフライヤーにログインをしたら、サイドバーのビットコイン取引所をクリックします。

取引所の見方

左の取引履歴は直近の売買成立した内容がリアルタイムで更新されます。

中央の表はリアルタイムの需要と供給がわかります。Ask 数量の列は、これくらいの価格でこれくらいの量のビットコインを売りたいということ。Bid 数量の列は、これくらいの価格でこれくらいの量のビットコインを買いたいということ。

それらがマッチするのが中央部分の価格帯で、そのあたりに仕込めば売買成立しやすくなります。

チャートの見方

月単位だとわかりづらいので、現在買いが強いのか、売りが強いのかは右のチャートのグラフ横軸を「日」に設定しましょう。そうすれば、ちょっとはわかりやすくなります。

「bitFlyer Lightning」でより詳しく

より詳しく動きを見たいのであれば、「bitFlyer Lightning」利用しましょう。

下の図のように、時間軸を1分に設定すればより細かく推移を見ることができます。これを見ながら、そろそろ売りが多く発生し安くなりそうだから、真ん中の価格帯よりも低めの価格で仕込んでおいてビットコインを少しでも安く買おうとか考えるわけです。

価格の部分をクリックすると反映される

先程の画面に戻りますが、実はこの価格の部分をクリックすると、また、数量の部分をクリックしても下の空欄部分に反映されます。打ち込むのが面倒な時や早く記入しなければいけない時に便利です。

注文を実行する

コインを買うを選択すると、以下のように日本円参考額が表示されます。参考額と出ているのは、あくまでもすぐに注文しなければ、他の方との取引が決まってしまい成立しないからです。

注文履歴

注文履歴は下の方に出てきます。購入したもののステータスは「完了」と表示されます。ちなみにですが、「オープン」と表示されているのは指値注文です。

指値注文はリアルタイムで見てないときでもより安く購入する方法なので、こちらの記事を参考にしてみてください。

【超簡単】ビットフライヤーの指値注文&キャンセル方法!ビットコインを安く買うために

以上が取引所でのビットコイン購入方法です。

まとめ

最後に今回の記事の要点をまとめます。

  • ビットフライヤーでビットコインを購入するなら断然取引所を利用すべきです。
  • 販売所は数億円レベルで一気に大量に買いたいという人向けで、一般の方にはおすすめしません。
  • 販売所でビットコインを買うと割高です。

早速ビットフライヤーにログインをして、取引してみましょう!

ビットフライヤー公式ページ